フィンテック

三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて。利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる。信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうだ。

朝日新聞デジタル

最近「フィンテック」という言葉に出会うようになりました。なんとなく何かのIT系技術イベントなのかなと思っていたわけですが、改めて調べると「Finance」と「Technology」を組み合わせた造語でIT技術を使った金融サービスのことなんですね。昔からあるネットバンクだってIT技術を使っているのでこれもフィンテックなんでしょうか。そんな

フィンテックのひとつにいろいろと紙面を賑わせたビットコインがあるのですが、そのビットコインの持つ利用者同士のやりとりという利便性を保ちつつ、投機の対象となってしまった原因である法定通貨との比率を一定(つまり1コイン=1円)とすることで投機対象とならないようにし、かつ信用ある大手銀行が発行するというもののようです。専用アプリを入れたりなどの必要はありそうですが、NFC技術を活用したタッチポイントによる交換など利用機会が増してきそうだ、とあります。確かに少額のお金のやりとりなどスマートフォン同士で気軽にやりとりできたら便利ですよね。ほかにどんなフィンテックがあるの?と思ったところでふと思ったのが、究極のフィンテックはAIによる資産投資だったりするのでしょうか・・